〜270年の古民家が語る将来世代への贈り物〜

江戸時代中期に建てられた名主の家

千葉県長生郡長南町蔵持の最奥に位置する内田川地区にある鈴鹿家は、江戸中期に建てられ たと伝えられています。この築270年の民家とその周辺環境を再生していくプロジェクトがス タートします。

1 古民家再生・ワークショップ

千葉県長生郡長南町にある築270年の古民家を再生し、そこを実践の場とします。 伝統木 構造を愛する有志の協力を得て、ワークショップ形式で改築をします。

2出版事業

古民家再生のノウハウや、自然・環境再生など幅広い出版をしていきます。

タイトルとURLをコピーしました